新入社員に聞いてみた

どんな状況でも、 BS放送を継続して届ける。 使命を全うするために 学び続けたい。

アップリンクセンター 技術管理 M・M 最終学歴:大学 理学部

わたしの学生時代

宇宙物理・気象学をはじめ、
多分野の講義を受講

子どもの頃から宇宙に興味を抱いていて、もっと知りたいという思いから、大学では宇宙物理・気象学科を専攻しました。学生の間にいろいろなことを見たり聞いたりするのが大事だと思っていたので、専門外の講義も上限まで受講。授業を聞いているのが単純に面白かったということもあり、できるだけ空きコマを作らず、丸一日大学にいました。休日は、家で課題や試験の勉強をしていることが多かったですが、長期の休みには、海外旅行にも行っていました。

入社理由

居心地よく働ける場所だと
感じました

B-SATに入社したのは、大学で学んだ宇宙や気象の知識を生かせると思ったからです。また、インターンシップで会社に訪問した際、社員同士の温かい雰囲気や距離感の近さを感じ、居心地の良い職場だと思ったことも入社した理由の一つです。

B-SATの採用について

面接官が自分にしっかり
向き合ってくれた

B-SATの面接では、とても楽しくお話をさせていただきました。特に印象的だったのが、エントリーシートの趣味欄に書いた好きな芸術家について、わざわざ調べて話題にしてくださったことです。ここまで一人ひとりと向き合って選考しているのかと驚きましたし、うれしかったです。また、入社までの間にも度々連絡をくださり、優しく、手厚く対応していただいたこともありがたかったです。

現在の仕事

予期せぬトラブルに対処し、
放送衛星に電波を送り続ける

私はアップリンクセンターに所属し、認定基幹放送事業者から送られてきた放送番組信号を電波に変えて、放送衛星に送信するアップリンク業務を行っています。

降雨により電波が弱まる時は、送信所を切り替える必要があります。雨が降ったりアンテナの方向に雲がかかったりすると、電波が放送衛星に届きにくくなるためです。雨の降る方向によっても電波への影響が変わるので、常に緊張感を持って業務に当たっています。

BS放送は生活を支えるインフラの一つ。ボタンを一つ押し間違えるだけでも人々の生活に影響してしまう、責任の大きな仕事です。突然の雨や設備のトラブルなど、いつ、どこで、何が起こるかわかりません。今後も今までになかった気候変動など、誰も予期できない事態へ対応が求められるはずです。だからこそ、学びに終わりがない。B-SATには過去のトラブルの記録が蓄積されているので、それを読んで経験不足を補うことも大切にしています。

入社前後のギャップ

設備を稼働させ続ける重要性と
難しさを実感

入社前は、アップリンクセンターの仕事は降雨時の対応など運用業務が多くを占めていると思っていました。しかし実際は、設備の保守、整備、点検業務の割合が想像以上に高く驚かされました。アップリンクセンターには非常に多くの機器があり、放送インフラを支えるためにはそれらを常に稼働できる状態に保たなければならず、障害が発生した際には適切に対処しなければなりません。入社して半年が経った頃から、一部の障害対応も任せてもらっていますが、まだまだ知識や経験が足りません。先輩方に優しく教えてもらいながら、独り立ちを目指して学び続けています。

オフの過ごし方

平日も休めるから、買い物や美術館も
混まずに快適

休日は家事をしたり、部屋を片付けたりして、家でゆっくり過ごすことが多いです。常に緊張感が求められる仕事なので、気づかぬうちに疲れが溜まっているようで、休みの日はよく寝られます。

アップリンクセンターの勤務はシフト制なので、平日休みの時はお店がすいていて快適です。買い物や美術館に行ったり、母が遊びに来て一緒に出かけたりすることもあります。また、B-SATは長期休暇を取りやすいので、世の中がもう少し落ち着いたら、海外旅行にも行きたいです。

5年後のわたし

どんな状況にも的確に対応できるリーダーになりたい

設備についての知識、運用の経験を増やし、遭遇したことのないトラブルにも的確に対応できるようになっていたいです。頼りになる先輩方のように、5年後にはリーダーとして、後輩を引っ張っていける存在にならないといけないと思っています。

また、仕事に対する緊張感は変わらず持ち続け、いつでも、どんな状況でも、BS放送を継続して届けるという使命を全うしたいです。

学生へのメッセージ

B-SATはありのままの私を
受け入れてくれた

職種だけでなくライフスタイルについても、自分にとって譲れない条件を明確にしておくと、会社探しをする際に役立つと思います。私の場合は、入社した会社で長く働きたかったので、その会社の仕事の中で一番やりたくないことをしている自分を想像して、それでも楽しめるかどうかを一つの軸にしました。また、スーツを着なくてもいいこと、長期休暇がとりやすいことも重視し、これらはB-SATのインターンシップや面接の場でも確認させてもらいました。もちろん礼儀やマナーは大事ですが、思ったことを率直に面接官に聞いてみるのもいいのではないかと思います。

世の中には、想像以上に多くの会社があります。無理をしてまで自分を良く見せなくても、ありのままの自分を求めてくれる会社が必ずあると思います。自分を見失わず、妥協せずに、頑張ってほしいです。

HOME 採用情報 新入社員に聞いてみた アップリンクセンター 技術管理 M・M