新4K8K衛星放送

臨場感溢れる映像をご家庭で!

新4K8K衛星放送とは?

新4K8K衛星放送とは、BS、110度CSで始まった4K・8K放送のことで超高精細度テレビジョン放送とも呼ばれています。
画素が増えて密度が高くなるため、現在の放送と比べて各段に美しくなります。
これまでのテレビと何が違うのか、4K・8K放送の4つの魅力を紹介します。

画素数が多いため映像がキレイ!

4K・8KのKは距離を表すkmのkと同じで、1,000を表します。4Kテレビの画面は現在のフルHDの4倍の画素数 (3,840×2,160ピクセル)で、8KはフルHDの16倍(7,680×4,320ピクセル)になります。横方向の数字が約4,000と8,000なので、4K・8Kと言われます。

画素数が増えることで、一つの画面で映し出せる情報量も増えるためフルHDと同じサイズの画面でもより美しく、更に大画面のテレビではより鮮明な映像を楽しむことができます。

プレー全体を把握

スポーツでは鮮明な映像により俯瞰的な視点でプレー全体像を把握することができるため、実際にスタジアムにいるような実況のない中継も1つのスタンダードになる可能性があります。

色域が広がりより自然界の色彩を豊かに表現

色域(表現できる色の範囲)の扱える情報量が格段に増え、従来のHDでは表現できなかった色域が表現できるようになるため、色彩がより自然になります。

色域が広がることでエメラルドグリーンの海や夕焼け空など、より精微でリアルな映像をお楽しみいただけます。

HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応

HDRの映像は明るい部分の階調が正しく表現され、映像全体の立体感やコントラストが向上

HDRとは「 High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)」の略で
漆黒の闇から眩い光まで映像が本来持っている明るさや色、コントラストを表現できる技術です。

映像のメリハリや鮮やかさが格段に良くなるためハイライト再現(鏡面反射や光沢の再現)や白飛びなどが改善され、
肉眼で見る感覚に近いリアリティーのある感動的な映像が映し出されます。

臨場感を味わえるサラウンド

4K・8K放送では映像の各シーンにマッチした迫力のある音声を実現。特に8K放送の22.2マルチチャンネルは、全身を包み込むような三次元音響が採用されています。

例えば音楽ライブでは全方向から音を再現することで、まさにその場にいるかのような臨場感や迫力を味わうことができ、最高のポジションで映された映像と共にお楽しみいただけます。

2018 新4K8K衛星放送

新4K8K衛星放送は2018年12月1日から順次、放送を開始しております。
右旋・左旋にて以下の放送事業者が新4K8K衛星放送を行うこととなりました。

右旋の新4K8K衛星放送 放送事業者様/番組名

4K
(株)ビーエス朝日
BS朝日 4K
4K
(株)BSテレビ東京
BSテレ東 4K
4K
(株)BS日本
BS日テレ 4K
4K
日本放送協会
NHK BS 4K
4K
(株)BS-TBS
BS-TBS 4K
4K
(株)ビーエスフジ
BSフジ 4K

左旋での新4K8K衛星放送

4K
SCサテライト放送(株)
ショップチャンネル 4K
4K
(株)QVCサテライト
4K QVC
4K
(株)東北新社メディアサービス
ザ・シネマ4K
4K
(株)WOWOW
WOWOW
4K
日本放送協会
NHK BS 8K
HOME 新4K8K衛星放送