4K・8K放送の実現に向けて

B-SATでは4K・8K放送の実現に向けた準備を進めています

2020年に実現される
4K・8K放送のプロジェクトについて

2020年に実現される<br>4K・8K放送のプロジェクトについて

4K・8K BS放送のロードマップ

超高精細度テレビジョン放送の早期普及を目的として、総務省主催の
『4K・8Kロードマップに関するフォローアップ会合』が開催されるなど官民一体となった取組が進められています。
現在は4K・8K放送の試験放送を実施しており、2017年には4K・8K放送を送信する機能を強化した次期放送衛星BSAT-4aの打ち上げ、
2018年にはいよいよ、BSでの4K・8K実用放送の開始が予定されています。
そして2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは、
世界最高の舞台で躍動するアスリート達の姿が、4K・8Kの迫力のある映像でお楽しみいただけることを目指しています。

2016 4K・8K試験放送の開始

2016年8月から開始した4K・8K試験放送は現在も行われています。
BS試験放送は放送設備や受信機器の開発、環境整備を目的としており一般家庭で視聴することはできません。

試験放送の歩み

  • 2015年9月
    衛星基幹放送試験局の予備免許交付
  • 2016年7月
    本免許交付
  • 8月
    NHKの4K・8K試験放送開始
  • 12月
    A-PABの4K・8K試験放送開始

試験放送用アンテナ

4K・8K試験放送開始の様子

2018 4K・8Kの実用放送

実用放送とは本放送のことで、一般家庭で受信されることを想定した放送です。
現在は右旋・左旋にて以下9社の放送事業者が4K・8K放送への申請が認定されています。
※実用放送は2018年12月1日から順次、放送を予定しております。

右旋での実用放送 放送事業者様/番組名

4K
(株)ビーエス朝日
BS朝日
4K
(株)BSジャパン
BSジャパン
4K
(株)BS日本
BS日テレ
4K
日本放送協会
NHK SHV 4K
4K
(株)BS-TBS
BS-TBS 4K
4K
(株)ビーエスフジ
BSフジ

左旋での実用放送

4K
SCサテライト放送(株)
ショップチャンネル
4K
(株)QVCサテライト
QVC
4K
(株)東北新社
映画エンタテインメント
チャンネル
4K
(株)WOWOW
WOWOW
4K
日本放送協会
NHK SHV 8K

BSの「右旋・左旋」とは?

BS放送は右旋、つまり右旋回(右回り)で電波が送られていますがそれを左回りで出すと右旋と同じ分の帯域が新たに使えることになります。
現在のBS放送、110度CS放送は周波数をほぼいっぱいに使っているため、新たに4K・8K放送を実現するための“空き地”がほとんどありません。
今回、4K・8K放送を実現するために右旋の再編と左旋の電波を使うことを新たに位置付けたというのが最大のポイントです。
B-SATはこの実現に向けてBSAT-4aの打ち上げを予定しています。

B-SATの4K・8K活動状況

HOME 4K・8K放送 4K・8K放送の実現に向けて