緊急局の運用期間終了

B-SATでは、主局(東京都渋谷区)・副局(埼玉県久喜市)周辺で集中豪雨、線上降水帯が発生した際にも放送衛星へのアップリンク電波送信に支障が生じないように、2015年6月に千葉県君津市の衛星管制所敷地内に緊急局を設備し、電波確保を行っています。

昨年も、例年通り6月1日に運用を開始し12月21日に運用終了しました。その間に、2つの大型台風が関東近傍を通過しましたが、幸いにも、主局、副局のサイト切替のみで電波確保ができましたので、緊急局の実運用はありませんでした。

緊急局の運用期間終了に伴い、12月20、21日に緊急局に出向し、本線系機器、監視系機器、アンテナ、電気設備、空調設備、消防設備などの点検、アンテナの格納、アンテナカバーの装着、および、敷地内の清掃などの非運用化対応を行いました。

今後は、月一回の機器点検を実施し、6月からの運用開始に備えます。(E.M.)

 

HOME B-SATブログ 緊急局の運用期間終了