2013/01/25

冬の稚内に行ってきました(その2)  2013.01.25

B-SATの計測機械の設置場所をお世話してくれた方に冬の稚内のことをいろいろお聞きしました。

「稚内はとにかく風が強いので冬は吹雪くと視界が効かなくなります。風が強くて飛行機が降りられないことがあるので、旭川や千歳に引き返すことを覚悟して乗るんですよ」
「朝の4時過ぎに除雪車が来るので、起きだして自宅の前の雪をかき出すんです。除雪した雪が壁になって残っちゃうと重くて動かせなくなるから。今年は雪が多いから昨日は2時過ぎに除雪車が来ましたよ。今日は晴れたからゆっくり眠れるなぁ。冬は雪との戦いですね」
「車に乗るときもリモコンキーであらかじめエンジンをかけて温めておかないとエンジンがおかしくなっちゃいます。駐車場から道路に出る時が要注意ですね。雪の壁で車道の車が見えないからおそるおそる出ていきますけど怖いですよ。道路を走っている車がブレーキ踏んでもなかなか止まりませんから」
関東モンには初めて聞くお話ばかりでした。

機械を据え付け温度センサーを接続して動作を確認しました。
本社でもリモートで部屋の温度をモニタリングできることを確認して本日の作業終了。
さぁ、仕事も終わったしホテルに入って温泉だ!稚内って温泉が出るんですね。日本最北端の天然温泉で温ったまろう!

130125_01

翌日は朝から雪です。時おり強く降ったり、うっすらと青空がのぞいてみたり。こんな天気が普通の冬の稚内なのでしょうか。
昨日設置した温度センサーの動作をもう一度確認して今回の仕事は終わりました。せっかくここまできたのだからと宗谷本線に乗って南稚内駅からひと駅となりの日本最北端の稚内駅に行き、駅前からバスで空港に向かいました。
空港の様子も昨日とはまるで違いますね。(K.H.)

130125_02

130125_03

HOME B-SATブログ 冬の稚内に行ってきました(その2)  2013.01.25